WEBディレクター・WEBプロデューサーの求人

WEB業界求人TOP >> 職種別のWEB業界求人 >> WEBディレクター・WEBプロデューサーの求人

WEBディレクター・WEBプロデューサーの求人

WEBディレクター・WEBプロデューサーという仕事は、WEBデザイナーのようにホームページ全体をデザインする仕事だけではなく、ホームページの方向性を決めたり、制作の進捗管理をしたり、集客やユーザーの分析を行ったりといった、プロジェクト全般のトータル的なコントロール力が求められます。さらに、プロジェクトに携わる人をまとめ上げ、細かい指示を出すという、チームとして運営していくディレクション能力も必要です。

WEBディレクター・WEBプロデューサーには、ホームページの作成に興味があり、人をまとめるリーダー気質がある人にお薦めの職種です。ホームページ作成において、ライター・デザイナー・プログラマー・コーダー・コーディネーター・スタッフといった人たちをまとめる、映画でいうところの監督的な存在でもあります。ですから、ホームページ作成における専門的な知識を高めるだけでなく、コミュニケーション能力を上げていくことこそが、WEBディレクター・WEBプロデューサーになる近道です。

WEBディレクター・WEBプロデューサーの年収は、20代で約400万円、30代で約500万円、40代で約550万円、50代で約600万円といったデータがあります。一般的なサラリーマンと比べても、それほど高い年収ではありません。ですが、 WEBディレクター・WEBプロデューサーというのは、自らのコントロール下において、会社の売り上げやコストに大きく影響できる立場にあります。つまり、利益を大きく上げて、ボーナスに反映させることができるのです。このため、年収で1000万円を超えている人も珍しくはありません。

WEBディレクター・WEBプロデューサーの求人は、IT関連産業の拡大に伴い、WEB関連の職種全般が増加しているため、求人の絶対数が増えていることもあって、これからの転職活動を行う際にWEB関連に強い人には特に有利な環境になっています。さらに、業種を絞らなければ求人案件の対象がかなり広がるため、いわゆる買い手市場となっているのが現状です。

ただ、WEBディレクター・WEBプロデューサーの求人は専門職のため、一般的な場所では求人情報を確認することができません。その多くが非公開求人となっています。この非公開求人の情報は、WEB専門の転職支援サイトを利用することで閲覧が可能となります。さらに、WEB専門の転職支援サイトでは豊富な転職に有利な情報をデータベース化しているため、より具体的な転職活動への支援をしてもらえるのです。

WEB業界の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
マイナビエージェント×IT 無料 全国 株式会社マイナビ 詳細

ITエンジニアの転職につよいマイナビエージェント マイナビAgent×IT


▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 WEB業界の求人サイトランキング【WEB業界で活躍したい人必見】 All Rights Reserved.