WEBサイトのパトロールの求人

WEB業界求人TOP >> 職種別のWEB業界求人 >> WEBサイトのパトロールの求人

WEBサイトのパトロールの求人

パトロールといえば、街中をパトロールするというのが一般的な使われ方ですが、WEB版のパトロールは、クライアントから連絡をもらい指摘事項を集積し、問題がないかを確認し、その結果を提供会社に通告するコンテンツパトロール業務のことです。実務的には様々なパターンがあります。例えば、ネット上でのいじめや犯罪被害から子供を守るため、各ホームページを見て回って掲示板の書き込み内容をチェックして、倫理上問題のある文章や猥褻な画像が掲示されていないかを点検していくなどといった仕事です。

ネットのパトロールという仕事は、裏アルバイト的な側面が大きいです。というのも、仕事の内容的には楽な部類に入るからです。人と会わずにパソコンを使用する仕事であるために、基本的に髪型や服装は自由です。しかし、SNSを運営していたり、ホームページや掲示板を設けていたりする企業にとっては違法なものや不適切な書き込みがあっては困るわけです。ですから、不適切な内容の書き込みをチェックする仕組みとその作業をする人材が必要となるのです。

パトロールの仕事の流れとしては、まず出勤をして、インターネットを巡回して、ホームページや掲示板やSNSをチェックしていきます。不適切だと思われる書き込みを発見したら、その内容を会社に報告します。削除許可が下りたら削除を進めていく、という単純作業の繰り返しです。これ以外にも、誤字や脱字がないか確認するというデバッグ的な作業も請け負います。

楽なイメージの強いネットのパトロールですが、アルバイトの求人が多く、時給なら800円から1000円の幅があります。基本的に、仕事はネットサーフィンをして不適切な書き込みをチェックするだけということなので、楽は楽なのですが、一日中パソコンの画面を見続けなければいけないので、眼は疲れるし、肩や腰も痛くなります。長時間勤務で長期間続けるには忍耐力が必要になってきます。

パトロールの正社員での求人ですが、あまり見かけることはありません。そのほとんどがアルバイトで、たまに派遣社員を募集しているのを見る程度です。というのも、パトロールの仕事は、企業のカスタマーサポートの業務の中に組み込まれて行われている場合が多いのです。実際は、カスタマーサポートの中のパトロール部門をアウトソーシングするような形が一般的です。ですから、カスタマーサポート業務の求人を探してそこから応募すれば、社員としての登用が期待できるのです。

WEB業界の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
マイナビエージェント×IT 無料 全国 株式会社マイナビ 詳細

ITエンジニアの転職につよいマイナビエージェント マイナビAgent×IT


▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 WEB業界の求人サイトランキング【WEB業界で活躍したい人必見】 All Rights Reserved.