コーダーの求人

WEB業界求人TOP >> 職種別のWEB業界求人 >> コーダーの求人

コーダーの求人

コーダーは、WEBデザイナーのようなトータルデザインのような仕事ではなく、ホームページを作成する際に、HTMLやCSSといった技術を使って、ホームページを構成するコードを書くのが仕事です。Webデザイナーが企画デザインしたアイデアを叩き台にして、そのアイデアがホームページとして見られるようにするのがコーディングです。ホームページのプログラミングをするというイメージの職業です。コーダーは、ホームページ作りには、絶対に必要な職種なのです。

コーダーの仕事は、クライアントやライターから受け取った原稿を、文書の構造を考えながら、見出しや段落を付けたり、文字の大きさを変えたり、写真や画像を貼り付けたり、リンクを付けたりしていきます。インターネットを見るブラウザには、Internet Explorer・Firefox・Safari・Chromeなど色々ありますから、複数のブラウザでチェックを行い、表示等に問題があればその都度修正していきます。

コーダーの年収は、どれほどのレベルなのか気になるところです。年収は、約300万円から1200万円というかなり幅広いものになっています。というのも、ただ単にコーディングをするだけなら、給料はそこそこなのですが、同じコーダーでも、マークアップエンジニアといって、HTMLによる情報設計や文書構造のデザインもできるようになると、その分職種的な給料がアップするからです。同じエンジニアを目指すなら、マークアップエンジニアまで意識するべきです。

コーダーの求人応募状況についてです。タグ打ちという一見地味な職業にも見えますが、ホームページ作成において、流れを正確に把握し、尚且つデザイナーとの打ち合わせの中でデザイナーさんへ意見することができるという 、ちょっとした実力者的な側面も持ち合わせている面白い職業です。それでも、実際のWEB制作会社の求人応募状況をチェックしてみると、WEBデザイナーへの応募の方が多いというのが現状です。

コーダーの求人情報については、一般的な就職サイトではなかなか発見することがありません。というのも、こういった専門スキルが必要な職種は非公開案件となっていることが多いからなのです。非公開案件というのは、専門に扱っているWEB専門の転職サイトに数多く登録されているのです。コーダーの求人を探すのなら、まずはWEB専門の転職サイトに登録するところから始めましょう。

WEB業界の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
マイナビエージェント×IT 無料 全国 株式会社マイナビ 詳細

ITエンジニアの転職につよいマイナビエージェント マイナビAgent×IT


▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 WEB業界の求人サイトランキング【WEB業界で活躍したい人必見】 All Rights Reserved.